本当に痩せるには食事の内容を見直すことが大事


これまでに、様々なダイエット方法がテレビや雑誌などで
紹介されてきました。

ダイエットを実際に試している方も多い中、辛くて長く、
厳しい印象が漂うダイエットのイメージを覆し、
簡単に短期間で痩せられるとうたわれるダイエット法が
人気傾向にあります。

こうしたダイエットを参考にする場合には、科学的、医学的な
裏付けのあるダイエットのベースになる考え方を
知っておく必要があります。

ダイエットの基本は、美しく健康的に痩せ、そしてそれを維持する
ことにあります。痩せる事とは、体の余分な脂肪を減らすという事です。

人の体を構成しているのは水分と、筋肉や骨などの固形成分、
そして脂肪の3つから構成されていて、標準の人の場合、
水分が、50から60%、固形成分が20から30%、
そして脂肪が15から25%程度です。

これらはいずれも体にとって大切なものですが、割合のバランスが
崩れてしまうと肥満に繋がってきます。

正しいダイエットは、この体脂肪を正常な値に戻し、保つことです。
ダイエットの1番のポイントは、体脂肪率が標準を越えないように
コントロールすることです。

その手段として、まず食事の摂り方を変えることが大きな
ポイントになってきます。

痩せる食事のポイントは、糖質と脂肪を抑えることにあります。
脂身が多いお肉や油料理などを食べて余分に摂取されたエネルギーは、
そのまま体脂肪として合成されてしまいます。

そして、糖質も摂りすぎると、体脂肪になって太る原因になってしまいます。
糖質は、砂糖を多く使ったケーキやチョコレート、クッキーなどの
お菓子などに含まれています。

そして糖質は、ご飯やパン、そしてイモ類などの主食にも含まれていますが、
主食に含まれている糖質は吸収が少なく良質な物なので、
ダイエット時には体に必要な物なのです。

ですから、ダイエット時の食事のポイントとしては、お菓子に含まれている
糖質や脂肪を控えめにして、ご飯に含まれているたんぱく質や、
果物に含まれているビタミンやミネラル、野菜に多く含まれている
食物繊維などを、バランス良く摂取することが、綺麗に痩せるポイントです。

そして、食事以外にも、運動で体脂肪を燃焼する事も大切です。
ダイエットに必要な運動には、体についた体脂肪と糖質を燃焼させる
有酸素運動と、体内の糖質をエネルギーとして燃焼する
無酸素運動があります。

またこの2つをこなす為の準備としてのストレッチもあります。
有酸素運動は、体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。

ダイエットに適したものとしては、ウォーキングや速歩き、
サイクリングや水泳などが挙げられます。

無酸素運動は、主に瞬発力を利用して行う運動です。
例えば、短距離走などの瞬間的にグッと息を止めて行う運動を指します。

無酸素運動は、筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費してくれます。

これらの運動は、無理をせずに、継続的に行うことがポイントです。
継続する事で、脂肪が付きにくい体作りができるのです。

適度に汗をかき、ストレスを発散できる点でも、
運動は有効なダイエットの方法でもあります。



PR

ページのトップへ戻る